2006年06月12日

香水のテイスティングのコツ





テイスティングの際、いきなり肌につけなくてもムエット(試香紙)がお店に用意されている。

気になるフレグランスを吹き付けて使うのだが、いくつか注意点がある。

 
 『時間が経っていないトップノートの香りは少しキツイので、それだけで判断しない。

※トップノート…付けはじめから〜10分くらいする香りのこと。


軽く振り、アルコールを飛ばしてからかぐ。

そして、30分ほど経ってから再び試すのがベスト。
posted by こうちゃん at 12:55| Comment(18) | 香水知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

ブログ『香水ちょーほしい』についての読者アンケート





ブログ『香水ちょーほしい』の読者アンケートを募集します晴れ


なにか気づいた点や改善してほしいところがあれば質問のところをコピー&ペーストでコメントして回答してください。

ではさっそく「質問1」から参ります。


「質問1」ブログの第一印象は?


「質問2」ブログ名についてどう思いますか?


「質問3」記事の内容は(質)は読みやすく興味をわきたてるものか?


「質問4」説明はわかりやすいか?


「質問5」毎日(定期的に)このブログをみてくれていますか?その理由は?

「質問6」ブログのデザインについてどう思いますか?


「質問7」このブログの問題点と改善するところは?


お疲れ様です。

回答いただいたものを参考にこれからのブログづくりに一生懸命作成させていただきます。
posted by こうちゃん at 06:31| Comment(2) | アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

香りの香調(NOTE)とは?





香調(系・ノート)」とは、香りの調子のことで(そのままです笑)、香りの特徴を表現する。

男の香りは、
シトラス系
フゼア系
オリエンタル系
シプレ系
という4つの家計に大別され、それぞれの家計はさらにファミリーに細分化される。


ファミリーは、ブレンドされている種類によって、
フレッシュ(さわやかなハーブやフルーツの香り)、
フローラル(花の香り)、
マリーン(水や大気をイメージした香り)、
ウッディー(樹木)、
アンバリー(動物性のセクシーなにおい)、
スパイシー(スパイス)、
レザリー(皮革のにおい)
に分かれる。



posted by こうちゃん at 21:47| Comment(0) | 香水知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

街の女性に聞いた『男の香水、好き?嫌い?』パート2





Q女性用の香水をつけている男性は?

 好き…4%

 似合っていれば好き…70%

 気持ち悪い…26%

男性が女性用の香水を使うのは、あくまでも「似合っていれば」が前提にということがわかる。


一言:たとえ女性用の香水でも(または女性が男性用の香水を使っても)人によって似合う香水の香りは違ってくるのでいろいろな種類の香水を日々研究し試してみよう!

posted by こうちゃん at 05:37| Comment(2) | 聞き耳調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

香水・フレグランスはつける人によって香りが違う!





香りはアルコールや香料が揮発することで放たれる。

そのため直接肌につけた場合、体温気温肌のPH脂肪分などによってニュアンスが左右される。

高い温度では早く拡散し、一度に多くの香り成分が現れるので、やや強め。

気温が低ければゆったりと控えめに、長い時間で香ることとなる。人と同じフレグランスなのに、少し違うテイストになる可能性がある。

だから本当に似合う、好きな香りが欲しいなら、自分の体でテイスティングすることが必要なのだ。

☆一言★:本人はもちろん、周囲も気づかないほどかすかな体臭が、大きな影響を与えることがあります。

ムエット(試験紙)につけたた香りと、実際使用した印象が違うことがあるのはそのためです。

いくつかをムエット(試験紙)で試したあと、一番希望の香りに近いものを、直接肌につけ、最低でも30分は様子を見たほうがいいでしょう。
posted by こうちゃん at 08:56| Comment(2) | 香水知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。